Cintiq Companion2と保護フィルムとステンレス芯

前回の記事の続きになります。
エラストマー芯だとフィルムの指紋を拭き取るのが面倒ということもあったのでサークル:つくってあそぼさんのステンレス芯(青と緑)を購入しました。(購入はこちらから)
芯比べ

右から標準芯、エラストマー芯、ステンレス芯(緑)、ステンレス芯(青)になります。
滑りの良さは標準芯、ステンレス芯(緑)、ステンレス芯(青)、エラストマー芯という順番になりました。
ステンレス芯は指紋の上でも滑りにあまり変化がないです。エラストマー芯よりも滑りが良くステンレス芯(青)だと紙に結構近い感じの描き心地になります。

Cintiq Companion2と保護フィルムと替え芯

Cinteq Companion2とミヤビックスの光沢フィルムとエラストマー芯でしばらくお絵かき練習したレビューになります。
求めていた紙と鉛筆の描き心地とは程遠いです。エラストマー芯は中心がゴムということで思ったよりひっかかります。
長いストロークの線を引くのには不向きです。細かい線を引くのにはグリップが効く分描きやすいです。

また、ミヤビックスの光沢フィルムは指紋が付着しやすいです。指紋の上をエラストマー芯で通過させると抵抗が若干弱いため、指紋が付いていない場所と比べるとヌルっとした感じになります。清書するときはクリーナーで指紋を拭きとる必要があります。

Cintiq Companion 2の芯について

Cintiq Companion 2をこの前のAmazonプライムデーで買って使っています。
鉛筆と紙で書くのが好きだったので気になるのは、ペンの滑り具合です。

色々ググって調べているとCompanion2でフェルト芯とハードフェルト芯とエラストマー芯の利用はwacomがおすすめしていないみたいです。

Intuos ProおよびIntuos5、Intuos4、Cintiq CompanionシリーズおよびCintiqシリーズのペンで使える芯の種類について

画面の表面を傷つける恐れがあるため、ご使用しないでください。

使用すると表面に跡が残るためご使用はお奨めしていません。なお、表面の跡が残った場合は柔らかい布で拭きとってください。

使っている人に聞いてみたところエラストマー芯とミヤビックスの光沢フィルムを既に張られている上から張るといい感じになると聞きました。
ヨドバシカメラでは光沢版が売っていなかったのでAmazonで発注したので一週間ほど使ってレビューでも書こうかと思います。